離婚 相続 各種書面  行政書士 千葉県 市原市

行政書士 離婚 千葉県 市原市
行政書士 離婚 千葉県 市原市
泉事務所コンセプト
行政書士とは?
よくある質問Q&A
お客様の声
行政書士 離婚 千葉県 市原市
離婚をお考えの方へ
離婚手続きの流れ
各種書面作成            (離婚協議書など)
料金について
養育費算定表
年金分割手続
行政書士 離婚 千葉県 市原市
相続について
相続で争いが生じたら・・・
行政書士 離婚 千葉県 市原市
法務相談
文書作成
各種許認可申請
行政書士 離婚 千葉県 市原市
事務所概要
所長挨拶
お問い合わせフォーム
行政書士 離婚 千葉県 市原市
     相続について

遺言書作成
円滑な相続の為の手段として、遺言書が効果的です。
遺言書は日付の新しいものが効力を発するとされ、何度でも作成し直すことができます。
一定の要件を満たさないと有効とされませんのでご注意下さい。
一般的な遺言には以下の様式があります。

自筆遺言
すべて自筆、日付、署名、押印があること。
【メリット】   費用もかからず手頃
【デメリット】 紛失や相続人に故意に無視(?)される危険性もあり。
        家庭裁判所の検認手続きが必要。

公正証書遺言
公証人による公正証書遺言。証人2名必要。
【メリット】  公証人役場に保管して貰える。
        家庭裁判所の検認手続きが不要。
【デメリット】 相続財産の額に基づく手数料がかかる。

公正証書遺言が作成してある旨を誰かに伝えておく必要がある。

相続放棄について
相続財産がいつも歓迎されるものとは限りません。
例えば親の借金がそのまま相続されることもあります。

そういう場合、相続が発生したことを知ったときから3ヶ月以内であれば、
裁判所に申し立てて相続の放棄をすることができます。
ただし、プラスの財産だけ相続して、マイナスの借金だけを放棄する
といったことは許されません。

自分の相続分の放棄は、あくまで「全部」放棄です。

法定相続について
特に被相続人の意思が遺言等で示されていないのであれば、
財産は法定相続分に基づいて分割されます。

お問い合わせ
  お問い合わせ

ページトップへ

行政書士 泉事務所
行政書士 泉事務所
〒290-0065 千葉県市原市西五所31-8
TEL:0436-26-8678 FAX:0436-23-4495

サイトマップ
サイトマップ 行政書士 泉事務所ホームへ
【行政書士 泉事務所について】
泉事務所コンセプト | 行政書士とは? | よくある質問Q&A | お客様の声
【後悔しない離婚】
離婚をお考えの方へ | 離婚手続きの流れ | 各種書面作成(離婚協議書など) | 料金について
【相続全般】
相続について | 相続で争いが生じたら・・・
【その他取扱業務】
法務相談 | 文書作成 | 各種許認可申請
【インフォメーション】
事務所概要 | 所長挨拶 | お問い合わせフォーム

COPYRIGHT(C)2008 行政書士 泉事務所 ALL RIGHTS RESERVED.